店舗購入という安心面を除けば高すぎ

楽器屋との販売価格の差の部分に惹き込まれてしまいました。

同一のモデルで、これだけの差があることに関して何が違うのか謎に思っている。

恐らくは品質保証やメンテナンスの所が大半であるのかもしれませんが、初見時や数台目以降の購入になるのなら楽器屋で購入するよりもリーズナブル。

電気を使う以上普通に考えると楽器と言うよりも電化製品に近いのではない?そう思って見たら達人が手仕上げで丹念に作成したものとは違い、高級な材料を利用しているわけでも無いんだと気づかされました。

湿度や環境などのちょっとした変化でも音調が揺れる楽器と別のもので、この品物は全ての音感がプログラム管理で作られているものなのです。

工場生産という部分では、性質も均整していることが分かります。

となったら…保証やメンテナンスの重要性がそこまで無いと思ってしまう。

結局楽器店でお願いする長所は感じられないし、店舗購入という安心面を除けば高すぎ?と見解しています。

受け取った品物を使うとお店に展示されていたタイプと同じ感覚。
非常用にしては、触感や響きも十分。

使える機能が入っているので遊べる。

割安な値段でゲットできて嬉しい。

また、小物なども充実されていた為一緒に購入したが、けれどもまだまだお店での販売料金には追いつかない…。

浮いた料金で譜面を購入しようと考えているところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です